キャンプギア

たくさん吊り下げるほど男前に!真っ黒なハンガーがソロキャンプをサポートします。

こんにちは、こんたろです。

キャンプ中、テーブルの上が小物でいっぱいになってしまい、

もっとスッキリさせて、
かっこいい感じにしたいなぁ

と思ったことはありませんか?

シェラカップやランタン、トングなど、
テーブルの上に物が多いと、どうしてもごちゃついてしまいますよね。

そこで、良い方法をご紹介しましょう。
それは・・・

こんたろ

簡単です。
吊るせばいいんです!

というわけで今回は「ハンガー」の紹介です。

ハンガーってどんなもの?

ハンガーは小物を吊るしたりひっかけたりするものです。

キャンプ用のものは
・ハンギングラック
・ランタンハンガー
という名前で呼ばれることもあります。

ハンガーが無くてもキャンプは出来ますが、
あればとても便利で雰囲気も良くなりますよ。

今回紹介するのは「道具を吊るすためのハンガー」です。

ハンガーには焚き火調理の台になる「焚き火ハンガー」というものもありますが、
それはまた別の機会に。

ハンガーには、シェラカップやランタン、クッカーなど
様々なものを吊るしておくことが出来ます。

テーブルに置いておくより省スペースで、
手の届く範囲にたくさんのアイテムを準備しておけます。

ナイフ、火ばさみ、グローブ、オイルランタンなど
無骨なアイテムをたくさん吊り下げていると、
サイトの雰囲気が一気に男前になります。

すぐ手に取れるし、
使い終わったら吊るしておけばいいので
ストレスフリー。

濡れたものも吊るしておけば乾くし、
テーブルの上もすっきりして快適です。

分解してコンパクトに収納できるのも魅力ですね。

こんたろ

正直、魅力しかないぞ!

おすすめのハンガー

あまり数は多くありませんが、
おすすめのハンガーを紹介します。

MINIMAL WORKS|INDIAN HANGER S/M/L/XL

まず外せないのはミニマルワークス
インディアンハンガーですね。
「元祖」という感じです。

ミニマルワークスのインディアンハンガーは
サイズ展開が豊富で、
S、M、L、XLのサイズ展開があります。

上の動画ではSとLを紹介されていますね。

Lは洋服をかけられるくらい大きく、
Sはあぐらスタイルで使いやすそうなサイズ感です。

ぼくのおすすめはMかLサイズ
あぐら~ローチェアで使えるサイズ感が良いのと、
別売りですが専用フックがあるのが良いです。
※Sサイズには専用フックがありません

ヘリノックスと同様、先発なので価格は高めです。
ブランドに安心感や価値を見出せる人はこれを選べば間違いなし。

こんたろ

ミニマルワークスを応援したいのなら
ちょっと高いけどこれを選ぶのもあり。

◇ インディアンハンガー M

◇ インディアンハンガー L

◇ Lサイズ用フック(XLと共通)

Mサイズのフックは品切れ中でした。

こちらで入荷情報をチェックできます。

UNBY GENERAL GOODS STORE|INDIAN HANGER HOOK M

その他のサイズなどミニマルワークスのファニチャーをチェックするならこちら。

UNBY GENERAL GOODS STORE|MINIMALWORKS furniture

Naturehike|ハンガーラック S/M

中国メーカーの中では中~高価格帯の製品を出している
ネイチャーハイク

いわゆるコピー品が多いブランドですが、
ほどほどの価格で品質もそれなりに高いため
けっこう人気があります。

ハンガーラックはMとLの2サイズ展開。
動画ではLサイズを紹介されていますね。

Lサイズは高さが1mほどありますので、
ロースタイルならMサイズがおすすめ。

フックが4つ付属するのはありがたいですね。

こんたろ

今のところネイチャーハイクの商品で外れたことは無いけど、届いたら不具合がないか必ずチェックしよう。

◇ ハンガーラック M/L(選択)

尾上製作所|マルチハンガー

超マルチに使える無骨な変幻自在ハンガー。

尾上製作所のマルチハンガーは鉄で出来ており、
収納性を犠牲にしつつも、
ランタンスタンド、ハンガーラック、焚き火ハンガー、調理台、サイドボードなど
多彩な活用方法でワクワクが止まらない逸品です。

上のCANP HACKさんの動画は
尾上製作所の社長が登場・解説してくれてますので、
そちらも見どころ。

ちょっと今回の主旨からはみだしそうな道具ですが、
ハンガーとしてもしっかり使えるのでご紹介。

鉄なのでこれまでのハンガーと違って重いです。
また、アングルパイルは1本物のため
収納長さが約1mになります。

なので軽量コンパクトを求める人には全然向かないですが、
いろんなスタイルを楽しめる「遊び道具」としておすすめします。

尾上製作所の他のアイテムと組み合わせると真の実力を発揮しますよ。

こんたろ

尾上製作所は男臭い(誉め言葉)アイテムが多いので、いくつか尾上で揃えてみるのも楽しいかも!
ただし重いし大きいので要注意。

◇ マルチハンガー/パーツセット(選択)

◇ 鉄鋳物グリル2937

◇ マルチスタンドplus

◇ マルチファイアテーブルⅡ

◇ マルチファイアテーブル用サイドボードパーツ

◇ フォールディングファイアグリル35

◇ CAMBi

いきなり全部揃えるよりも、
マルチハンガーをベースにして
キャンプの度に欲しい機能を追加していくのがおすすめです。

長く楽しめますからね。

DIYハンガー

ハンガーは構造が単純なので、自作する方もいます。
上の動画では木材と鉄骨の組み合わせで作成しています。

無骨でかっこいいですね。
材料費が安いのも高ポイントです。

制作の工程も難しくはありませんので、
思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

こんたろ

いろんな作り方が見つかるので、とりあえず検索してみるだけでもどうでしょう?
自分で作るとすごく愛着が湧くよね!

FLYFLYGO|ランタンスタンド/小物収納用ハンガー

https://www.youtube.com/watch?v=ICAZO_I25go

中華ブランドのFLYFLYGOから発売されているハンガーです。
ミニマルワークスのインディアンハンガーにそっくり。

価格が安いので、試しに買ってみるのも良いでしょう。

サイズ感などはこちらから。

Amazonの商品ページを見るとわかりますが、
オプションでポケットを選べます。
オリジナリティを出そうとしたのでしょうか。

あれば便利だと思いますが、
安かったはずの価格が上がってしまうのが難点。
キッチンツールの置き場所に困っている場合は良いかもしれませんね。

こんたろ

とにかく安いのがセールスポイント。
でも正直、ハンガーみたいに簡単なアイテムの場合、価格差ほど品質の差は感じないと思う。

FLYFLYGOは実物を持っていますので、
写真をお出しします。

まずは収納時の写真から。
長さは45cmほどあります。

写真:こんたろキャンプブログ


フックは5個付属しています。
ポールを留めているバンドはちょっと使いにくいかも。

写真:こんたろキャンプブログ


FLYFLYGOは足が完全分離するので、高さを変えられます。
足を接続する前は下の写真のようになります。

写真:こんたろキャンプブログ


足を1本接続。

写真:こんたろキャンプブログ


吊ったものが「ローチェアに座ったときの膝の高さ」あたりに来ます。
少し低いので使いやすさでは多少劣りますが、
圧迫感が無くて小回りが効きます。

写真:こんたろキャンプブログ

ちなみに接続は差し込むだけです。
ワイヤーが内側からテンションをかけるので、
ガタはあまり感じません。

抜け止めは無く、引っ張れば簡単に抜けます。

写真:こんたろキャンプブログ


中間のポールを追加。

写真:こんたろキャンプブログ


よく見るハンガーの高さになりました。

目線に近い高さになるので、ちょっとしたパーテーションのような感じを受けます。
ハンマーやトングなど長いものを吊るすなら、このスタイルがおすすめ。

写真:こんたろキャンプブログ

なんとなくイメージしていただけたでしょうか。

まとめ

便利で男前なハンガー。

キャンプギアの中では比較的安い価格帯のアイテムですが、
その割には活躍の場面が多く、
使いやすくて、場所も取らず、かっこいい。

良いところがとても多いアイテムです。
ぜひ導入して、ソロキャンプをランクアップさせましょう。

こんたろ

おすすめは自作だよ!
ぜひ世界にひとつだけのハンガーを作ってみてね。

それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です