キャンプギア

大人気マルチグリドル!結局どれが「買い」なの?

キャンプ飯にあまり興味がなくても
何となく目にすることが増えた
「マルチグリドル」

とても高性能な調理器具で、
しかも料理が映えるということで
2021年の発売以降、
かなり注目を集めているようです。

しかし本家であるJHQの
マルチグリドルは比較的高額。
後発メーカー品の2倍~3倍くらいの
高級品となっています。

後発メーカー品は安いですが、
もしも品質が劣るのであれば考えもの。

ということで、
本家と後発メーカー品の特徴を
比較しながら、どれが「買い」なのか
みていきましょう!

こんたろ

安さをとるか、品質をとるか…
悩みますね…!

マルチグリドルの特徴比較

Amazon

とにかくこびりつかない。

本家はイノーブルコーティングという
硬質特殊フッ素樹脂加工がされています。

これはシーズニング不要で
油をひかなくても食材が
くっつかないというもの。

この加工により、
まったくこびりつきが発生しません。

くっつきやすい卵や米なども
スルスルと剥がれます。

対して、後発品は同じイノーブルコーティングを
謳っているものもありますが、
その品質には差があるようです。

<参考動画>

後発品は本家ほどのくっつきにくさは無いようですが、
それでもコーティングは有効なようで、
軽く擦ったら簡単に取れるというレビューが多いです。

本家はウェットティッシュで拭くだけで
大体の汚れはとれてしまいます。
洗い物が面倒なキャンプ場では
とてもありがたい特徴です。

ほどほどの重さ。

本家JHQの33cmタイプで重量1kg。
少し重めですが、これが安定感があって
調理しやすいようです。

フライパンのように鍋を振ることは無いので
重めでしっかりと安定しているほうが
より良いと感じます。

運搬するときにも1kgは重すぎないので
とても丁度良い重量ですね。

後発品は同じ重さのものもあれば
かなり軽いものもあり、
使い勝手は多少変わってくるでしょう。

また、重いということはそれだけ
板の厚みがあるということ。
焼き物をするなら板が厚いほうが
美味しく作れます。

焼くだけではない。

マルチグリドルは焼くのが得意ですが、
同時に別の調理法を使うこともできます。

中央がへこんだ形状を活かし、
外周で焼いた肉の脂を中央に集めて
それで揚げ物や炒め物をする、という
焼き・揚げ・炒めを同時に行えます。

例えば外周で野菜を炒めて
中央でラーメンを茹でる、
つまり野菜ラーメンを同時進行で作る
などといったことも可能です。

キャンプでは熱源が限られるので、
一つの調理器具でいろんな調理が同時に出来るのは
大変ありがたいですよね。

この点はサイズと形状に依存するので、
後発品でも特に違いはありません。

<参考動画>

元々、サムギョプサルから発想を得て商品化された
という経緯があるようです。

これはキャンプ飯が捗りますね。

違いは裏面にあり。

マルチグリドルの裏面は、
本家とそれ以外でかなり違いがあります。

本家の裏面はこちら。

Amazon

シングルバーナーなどの五徳に
はまりやすい形状となっています。
鉄板は滑りやすいので、
ずれにくい工夫は必須ですね。

で、後発品の一例。

https://www.youtube.com/watch?v=vJC8AkyAqTA&t=2s

接地面が小さいし、
ひっかかりになるような
窪みもありません。

けっこう滑りやすいので
このような形状だと
調理は気を使います。

裏面の写真を載せた商品は
意外と少ないので、
注意したいポイントです。

本家JHQが「買い」。

後発品が本家に勝る点は
価格以外にはなさそうです。
一番の特徴である「くっつきにくさ」も、
本家のほうが優れています。

調理のしやすさ、洗い物の手間を考えると
やはり本家が強い…!

価格が高いのは懐に厳しいところですが、
総合的に考えて
本家JHQが買いだと思います。

JHQにはソロ向けの19cm、深型29cm
というタイプも存在しますが、
スタンダードな33cmが調理しやすくておすすめ。

おすすめ紹介

JHQ|鉄板マルチグリドル33cm

Amazon

本家JHQの鉄板マルチグリドル33cm。
IHにも対応するので家庭でも使えます。
家でキャンプ飯の練習が出来ますよ。

33cmはかなり大きく感じますが、
深さがあまりないので
2~3人分の料理に適しています。

ソロなら具材をこぼすことなく
調理ができるので、
大きすぎて使いにくいということは
なさそうです。

くっつきにくさ、
裏面の滑りにくさ、
見た目の格好良さなど
どれも満点のキャンプギアです。

少々お高めですが、
使い勝手の良さが抜きんでているので
決してコスパが悪いわけではありません。

Sethmay|ウッドカバー

Amazon

JHQのマルチグリドルには
シリコンミトンが付属しますが、
これはあまり使い物にならないので
別途木製ハンドルを用意すると良いでしょう。

がっちり固定されるものではなく、
持ち上げる時だけ嵌め込んで
使うようです。

WAGENSTEIGER|ステンレス蓋

Amazon

蒸し料理をするなら
必須のアイテム。

火から降ろして保温する際にも
あると便利ですね。

かさばるのが難点ですが、
これがあるとプロっぽくて
とても恰好良いです。

ノーブランド品|ケース

Amazon

本家33cmにはケースが無いので
保護のためにもケースを用意しましょう。

GRANDOOR|マルチグリドル33cm

どうしても本家には手が出ないけど
マルチグリドルが欲しい!
という方はこちらがおすすめ。

若干くっつきますが、
さっと剥がれて掃除が楽ですし
付属品も充実しています。

裏面はひっかかりこそ無いものの
広めの円状になっていて
安定感はありそうです。

<参考動画>

さいごに

本家が買いだと言いつつ、
後発品もそれほど悪くはないので
結局のところ予算次第ですよね。

どちらを買うにしても
マルチグリドルは料理の幅が広がるので
楽しいキャンプ飯になりそうです!

それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です