キャンプギア

メインランタンをデコイに!?虫対策に有効な大光量ランタン厳選5種

こんにちは、こんたろです。

サイト全体を照らすメインランタンですが、
強い光と熱によって、虫がたくさん寄ってきます。
特に夜はランタン周辺に虫が集まって大変なことに…!

この「虫が寄ってくる効果」を逆手に取り、
自身から離れたところにメインランタンを設置することで
相対的に自分の周りには虫が寄ってこない、という使い方ができます。

メインランタンにデコイ(おとり)の役割を
持たせるということですね。

で、手元には虫除けオイルランタンや
光量の小さなランタンを置くと良いです。

ちなみに、LEDは虫が寄りにくい光源と言われていますが
体感としてはめっちゃ寄ってきます(笑)
ガスやガソリンと全然変わらない。

ということで、デコイにおすすめなメインランタン
5つ、厳選してご紹介します!

こんたろ

ランタンを使いこなそう!

ガスランタンのおすすめ

ガス缶にはCB缶OD缶があり、
CB缶は100均にも売っている細長いカセットガスとも呼ばれる缶。
OD缶はアウトドア用の太い缶です。

ガスランタンはCB缶あるいはOD缶のどちらかに対応しています。
缶の種類を変えて使用することはできません。

ガスランタンはガスを燃やしてマントルを強く発光させるものです。
マントルは綿素材でできた袋状の網です。
初回のみマントルの「から焼き」という不純物を燃やし切る作業が
必要になりますが、それ以外はほとんどメンテナンス不要です。

OD缶はアウトドアショップや通販で入手しましょう。
サイズ(ガス容量)は3種類くらいありますが、
一晩点灯し続けるなら500g程度のものがおすすめ。

OD缶は燃料代としては少々割高ですが、
カバーによるドレスアップができるので
サイトの雰囲気も向上します。

ガスランタンは各メーカーから出ていますが、
正直なところ夏のデコイ用なら選択肢は2つです。

コールマンの2500ノーススターLPガスランタン、
スノーピークのギガパワーBFランタン。

100ワット以上の明るさがあり、
500gのOD缶1本で一晩使える燃費の良さが
選出した理由です。

他のガスランタンは燃費が悪かったり、
光が若干弱い/小さいという点で
おすすめからは除外しました。

※ 他のランタンがデコイとして使えないわけではないです。
  手持ちに明るいランタンがあるなら
まずは試してみてください。

ガスランタンは何よりも雰囲気が素晴らしく良いですね。
LEDよりも価格は高いし、メンテナンスが必要だし、場所を取りますが、
それも込みで愛着を持つための魅力と捉えることができ、
手入れやオリジナルカスタムを楽しんで行う人も多いです。

LEDには無い魅力を持ったアイテムが欲しい方に
ガスランタンおすすめです!

Coleman|2500ノーススターLPガスランタン

コールマンのノーススターLPガスランタンは
キャンプの超定番ランタンですね。

コーッという燃焼音が耳に心地よく、
昔から変わらない無骨なデザインと暖かな光で
時代を超えて長く愛されています。

ランタンハンガーとの相性は抜群で、
サイトの雰囲気を思いっきり向上させてくれます。

明るさは最大1,543ルーメン/200ワット相当と
グループキャンプでも使える充分な大光量。
500g缶を使えば4~8時間ほど点灯します。
本体サイズはφ14.5×26cmと丁度良い感じ。
重量は1.3kgです。
点灯装置付き。

レトロなデザインが好みであればイチオシです!

snow peak|ギガパワーBFランタン GL300A

洗練されたデザインと手入れのしやすさが魅力の
ギガパワーBFランタン。

国内ブランドらしい、丁寧な造りとデザイン
非常に高い人気があります。

明るさは最大170ワットとノーススターには少し劣りますが
メインランタンとして充分な明るさを誇ります。
500g缶で6時間ほど点灯可能。
サイズはφ13×23.5cm。
重量は1025gです。
点灯装置付き。

分割式グローブによるメンテナンスのしやすさが特徴ですが
それよりもデザインが好みで選ぶ人が多い印象です。

スノーピークは単品としてよりもブランド全体を好む人が多いですね。
テントやファニチャーにスノーピークを選んだ方はぜひランタンも
スノーピークで統一してみてください!

充電式LEDランタンのおすすめ

LEDランタンには充電池を使ったものと
乾電池を使ったものがあります。

現在は充電池を使った充電式が主流で、
使い勝手や残量管理の面からも
充電式をおすすめします。

LEDランタンにはとんでもなく明るいものもありますが、
あまりにも明る過ぎるとサイトの雰囲気を壊すので
1,000~1,500ルーメン程度あれば充分。
これは100ワット以上の明るさです。

ほどほどのサイズと明るさで
使い勝手を重視したものを3つ選びました。

WAQのLEDランタン2
LUMENAのルーメナー2
PRISMのクレイモアウルトラ3.0M

ガスランタンほどの雰囲気はありませんが、
実用性とコスパは充電式LEDランタンに軍配が上がります。

他に明るいランタンを持っていないという方は、
まずはコスパ重視でLEDランタンを入手すると良いでしょう。

WAQ|LEDランタン2

コスパの良さで人気のLEDランタン、
WAQのLEDランタン2です。

2に進化したことで、従来より使い勝手が向上しています。
外観は角ばったミリタリー風になり、無骨なイメージを感じさせます。

LEDランタンはコンパクトで高性能なことが特徴ですが、
WAQのLEDランタン2はその中でも特にコスパが良く
高性能なアイテムです。

前モデルよりも防水・防塵機能が強化され、
より明るく長持ちになっています。

明るさは最大1,650ルーメン
色温度は3000K・4500K・5700Kの3パターン。
明るさは4段階調整可能。
バッテリー容量は13,400mAh搭載で、
最大光量で8.5時間、最小光量で60時間点灯可能。
バッテリーはモバイルバッテリーとしても使用可能です。
防水・防塵機能はIP67相当で、雨天時のキャンプでも安心。

設置については、マグネットハンドルや三脚穴、カラビナなど
多種多様な固定方法があるためサイトを選びません。

1万円ほどの価格でこの性能は素晴らしいコスパを誇ります。
実用性とコスパを優先するならWAQおすすめです!

LUMENA|ルーメナー2

ルーメナーのルーメナー2です。
ブランド名がそのまま製品名になっています。

WAQのLEDランタン2が出る前までは
LEDメインランタンとして人気が高く入手困難でしたが、
現在は人気過熱も落ち着き、定価で入手できるようになっています。

WAQに負けず劣らずの性能です。
大きな違いは形状で、WAQより横長になっています。
丸みを帯びたデザインで、ミリタリー要素はあまり感じませんね。
より洗練されたデザイン性を感じます。

明るさは最大1,500ルーメン。
色温度は3,000K・4,500K・5,700Kの3パターン。
明るさは4段階調整可能。
バッテリー容量は10,000mAh搭載で、
最大光量で8時間、最小光量で100時間点灯可能。
バッテリーはモバイルバッテリーとしても使用可能です。
防水・防塵機能はIP67相当。

マグネットフック、カラビナ、三脚穴があり
設置に困ることはありません。

スペックではWAQに僅かに劣りますが、
使い勝手は変わらず高い水準にあります。
問題は価格差で、デザイン料としてこの価格差を
許容できる方におすすめ!

ぼくはルーメナー2をよく使ってます。
なんとなく横長が好き(笑)

PRISM|クレイモアウルトラ3.0 M

プリズムのクレイモアウルトラ3.0のMサイズです。
クレイモアブランドのランタンの中でもコスパが良いアイテム。

クレイモアと言えばアウトドアファンが有名ですが、
LEDランタンもなかなか強力なラインナップです。

ウルトラ3.0はWAQやルーメナーと似た形状です。
特にMサイズはスペックが同等なのに最安価格
コスパに優れています。

ここではMサイズをおすすめしますが、
より発光面積が大きく明るいものを探しているのであれば
Lサイズ、Xサイズ(=LLサイズのこと)が選択肢に入ります。

投光器のような極太ワイヤーデザインが特徴で、
よりプロフェッショナルな雰囲気(?)が感じられます。

機能面では、ターボモード(明るさブースト)があるのが特徴。

明るさは通常時最大1,100ルーメン、
ターボモード最大2,200ルーメンです。
色温度は3,000K・4,200K・6500Kの3パターン。
明るさは無段階調整です。
バッテリー容量は11,600mAh搭載で、
連続点灯時間は通常時最大光量で8時間、最小光量で80時間、
ターボモードでは通常時の半分の時間になります。
バッテリーはモバイルバッテリーとしても使用可能。
防水・防塵機能はIP44です。

フックやハンドルを利用して設置可能です。
三脚穴もありますが、位置が悪く使いにくいかも。

WAQとは違った方向で無骨なデザインなので、
これが好き!という方にはおすすめです!
非常に明るくてコスパもいいので、
価格だけで選んでも間違いないアイテムです。

手元に置くランタンはどうする?

デコイ用のランタンと合わせて選びたいのは
手元を照らすサブランタン、テーブルランタンですね。

小型のLEDランタンが無難です。
人気があるのはゴールゼロとかレッドレンザーですね。

この2アイテムは人気がありすぎて、
残念ながら価格が高騰しています。

似た製品が他メーカーから安く出ていますが、
保証やアフターフォロー、製造の緻密さなどに差がある場合もあり
一概にはどれが良いとは言えません。

たまにホームセンターで定価のまま出ているらしいので
まずはお近くの店舗を探してみることをおすすめします。

ちなみに虫除けパラフィンオイルを使ったオイルランタンとか
虫除け効果があるので良さそうな気もしますが…

期待するほどの効果はないです。
残念ですが、多少は虫寄ってきます。

それでも気休めくらいにはなるので、
もしオイルランタンを使うのであれば
オイルを変えてみても良いですね。

さいごに

虫除けの囮になるメインランタンを5つ、厳選しました。

ほとんどキャンプの定番品と言っていいくらい
人気と知名度の高いアイテムばかり。

どれを選んでも後悔はしないと思いますよ。

選びきれない人におすすめなのは、
メインランタンをひとつも持っていないならWAQ
WAQほどじゃないけど光量のあるLEDランタンを
既に持ってるならノーススター

まずはコンパクトさとコスパを重視で揃えて、
キャンプの状況別に使い分けできるアイテムを
補充していく、という考えです。

WAQとノーススターにしたのはぼくの好みです。
自分が今改めて買うならこれかなぁって。

ご参考になれば幸いです。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。